menu

UI/UXデザイナーという表現は正しい?

こんにちは、ワカラボの金井由宇です。

今回のタイトルについて様々な意見がありますが、私の意見を述べたいと思います。
前回、UXの定義について記事を書きましたが、振り返ってみましょう。

UXとは、ある製品やサービスを利用したり、消費した時に得られる体験の総体。個別の機能や使いやすさのみならず、ユーザが真にやりたいことを楽しく、心地よく実現できるかどうかを重視した概念である。

参考:UX、HCD、デザイン思考って何が違うんでしょう?/ワカラボ

UXは概念であり、UXデザインのプロセスは HCD(人間中心設計)やデザイン思考のプロセスと共通している部分が多くあります。そこで、国際規格「ISO 9241-210」で定義されているHCD(人間中心設計)のプロセスを例にUXデザインとUIデザインの位置づけをまとめてみました。

HCDプロセスにおけるUXデザインとUIデザインの位置づけ

  1. HCD(人間中心設計)プロセスの計画:UXデザイン
  2. 利用者(以下ユーザ)の利用状況の明示:UXデザイン
  3. ユーザの要求事項の明示:UXデザイン
  4. ユーザの要求事項に対する設計:UIデザイン
  5. ユーザの要求事項に対する設計の評価:UXデザイン
  6. 必要に応じて2、3、4、5を反復
  7. ユーザの要求事項を満たす:UIデザイン

上記の通り、UXデザインとUIデザインは密接な関係がありますが、性質が全く異なります。私はHCD(人間中心設計)の専門家なので、HCDのプロセスでUXデザインとUIデザインをおこなっています。
わかりやすく具体的なプロセスをまとめてみました。

HCDプロセスにおける具体的なUXデザインとUIデザイン

  1. 調査(リサーチ)・評価の計画(手法、リソース、スケジュール、予算設計など)
  2. 調査(リサーチ)結果から現状のユーザ利用状況を明示する
  3. 調査(リサーチ)結果を分析し、ユーザの要求事項を明示する
  4. 分析結果をもとにアクセシビリティ、ユーザビリティを考慮してプロトタイプを制作する※
  5. プロトタイプのユーザテスト、ヒューリスティック評価などを実施する※
  6. 5の結果から2、3、4、5を反復する
  7. 製品版の制作

※業界によってプロセスが異なります。

まとめ

上記を例にするとUXデザイナーのパートは1、2、3、5でUIデザイナーのパートは4、7にあたります。
これら一連のプロセスを任されている方であれば「UI/UXデザイナー」という表現はありかもしれませんが、UIデザインとUXデザインはそれぞれ奥深く、それぞれにつき一人の専門家がパートを担うことが理想だと思います。

前回の記事の通り、UX、UIというキーワードが一人歩きしていると感じることがしばしばあるので、大切なことはキーワードに左右されず本質を理解し、実務に応用してユーザにとってわかりやすいプロダクト・サービスを創ることだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワカラボグラフィックレコーディング(グラレコ)とは

ワカラボ【JOBRASS新卒(ジョブラス)就活総合セミナー】就活の悩みを解決する特別ワークショップの講師を務めました

関連記事

  1. ワカラボ

    【更新】UXの資格ってあるの?

    こんにちは、ワカラボの金井由宇です。昨今、注目されている職業に「UXデザイナー」があります。…

  2. ワカラボ

    WebデザインにおけるUXデザイン・HCD(人間中心設計)【マネ…

    こんにちは、ワカラボの金井由宇です。皆さんはUXデザイン・HCDプロセスをどのようにプロジェ…

  3. ワカラボ

    schooの先生を務めました│担当授業「わかりやすいをデザインし…

    こんにちは、ワカラボの金井由宇です。Web業界で働くためのオンライン動画学習サービス「sch…

  4. ワカラボ

    UX、HCD、デザイン思考って何が違うんでしょう?

    こんにちは、ワカラボの金井由宇です。私はWebを生業としていますが、業界では「UX(ユーザエ…

人気の記事

  1. ワカラボ
  2. ワカラボ
  3. ワカラボ
  4. ワカラボ

最近の記事

  1. ワカラボ
  2. ワカラボ
  3. ワカラボ
  4. ワカラボ
PAGE TOP